...

CarpetVistaで良い感じのラグを購入した

カーペットを買う

新しい作業用の机を購入したので、その下に敷くカーペット(ラグ)を探していた。
結論はタイトルにもある通りCarpetVistaというショップで購入したのだが、とても満足した。 せっかくなのでよかったことを書き留めておく。

  • 届いたカーペットの図
    Image from Gyazo

カーペット専門店ならではの便利なUI

だいたい、カーペットを買おうとなるケースではほしいサイズはだいたい決まっているもんだと思う。
だから、いいデザインのものがあってもサイズが違っていては本末転倒だから、サイズでいろいろ検索したくなるわけだけど、いくつかのサイトではそもそも探しづらいなんていうのがある。

  • サイズでの絞り込みがない
    • 検索後の画面には「xx,xxx~yy,yyy円」などとあり、商品詳細ページでサイズ選択ができるスタイル。非常に使いづらく感じるが世間はそうではないのだろうか?
  • なぜか長辺の長さの絞り込み条件しかない。
    • 長辺だけ指定すればだいたいの短辺の長さが決まってくるという意図があるのかもしれないが、キッチンの前にひくマットとかは幅が狭い。こういう商品がラインナップに入った際はどのようにするのか。まぁカテゴリを分けるのかな。
  • 辺の長さの指定項目があるが、選択肢に幅がある(例:151~190cm)
    • 境界付近のサイズを探している人にとっては結構な振れ幅となり、ノイズが多くなってしまう。

CarpetVistaの例

Image from Gyazo

そう!これ!幸せ!
ちなみに幅とかの値を変更するとそのタイミングで絞り込まれて、長さのところの分布にも反映されて分かり易い。

恐ろしく早い配送

スウェーデンの会社から送られてくるにも関わらず、まぁまぁな速さ。 その上送料無料である。 Image from Gyazo

その他

CarpetVistaでは、カーペット百科事典なるページも用意されている。

www.carpetencyclopedia.jp

少々CarpetVistaの商品へのリンクが多めではあるが、こういった形で情報がまとめられていると、大変参考になりありがたい。
(一般的には、商品詳細に色々と説明を書いて終わり、ということが多い気がする)

こういう情報をきちんとまとめておくと、その価値だとか、正しい使い方みたいなのを啓蒙することができ、最初は(私のように)そこまで高いものを買わない人でも、将来的に高い絨毯に価値を見出し実際に購入する人に育てようというというところまで考えられているように思い、勝手に納得。

まとめ

オススメです